SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 皆川淇園

皆川淇園

入荷案内を希望する

この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

閉じる

みながわ きえん

(1735–1807)

江戸後期の儒者。京都生。父春洞は一説に東福門院の御典医と言われる。名は愿、字は伯恭、別号に笻斎・有斐斎等。開物学と称する独自の説を樹立し、私塾弘道館を開き多くの門人を擁す。画は初め望月玉蟾に学び、のち円山応挙・呉春・岸駒・長沢蘆雪らと交わる。文化4年(1807)歿、74才。

ご覧になった作品