SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 狩野探幽

狩野探幽

入荷案内を希望する

この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

閉じる

かのう たんゆう

(1602–1674)

江戸前期の画家。鍛冶橋狩野派の祖。孝信の長男、尚信・安信の兄。幼名は釆女、通称は守信、別号に白蓮子・生明等。狩野派に新風をもたらし、同派中興の祖と仰がれた。のち法眼に叙せられ、探幽斎と名のる。延宝2年(1674)歿、73才。

ご覧になった作品