SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 渡辺崋山

渡辺崋山

入荷案内を希望する

この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

閉じる

わたなべ かざん

(1793–1841)

江戸後期の画家・思想家・三河田原藩士。江戸生。名は定静、通称は登、字は伯登・子安、のち崋山、号に寓画堂・全楽堂等。家老として藩務に精励する傍ら蘭学に親しみ、高野長英・小関三英らと尚歯会を結成。画は白川芝山・谷文晁に学び、種々の画法を研究しながら風俗写生に才をみせ、洋画描法をも摂取して特に肖像画に洞察の深さと筆鋒の鋭さを発揮した。蛮社の獄に連坐した蟄居中、天保12年(1841)歿、49才。

作品

ご覧になった作品