SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 黄檗木庵

黄檗木庵

入荷案内を希望する

この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

閉じる

おうばく もくあん

(1611–1684)

江戸前期の渡来禅僧。福建省生。木庵は道号、法諱は性瑫。黄檗隠元の法嗣。隠元に招かれ、長崎福済寺住持となり、のち宇治黄檗山万福寺第二代住持、江戸紫雲山瑞聖寺開山となる。黄檗三筆の一人。貞享元年(1684)寂、74才。

ご覧になった作品