SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 森狙仙

森狙仙

入荷案内を希望する

この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

閉じる

もり そせん

(1747–1821)

江戸後期の画家。長崎生。名は守象、字は叔牙、初号は祖仙、のち狙仙と改める。大坂で狩野派の山本如春斎に学び、また円山応挙の写生主義の影響も受けて一家を成した。動物、特に猿と鹿の絵を得意とした。文政4年(1821)歿、75才。

ご覧になった作品