SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 望月玉泉

望月玉泉

入荷案内を希望する

この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

閉じる

もちづき ぎょくせん

(1834–1913)

日本画家。京都生。父は日本画家の望月玉川、玉渓は子。名は重岑、字は主一、通称を駿三、別号に玉渓。父に画法を学び、御所造営などで御用画を描く。幸野楳嶺らと京都府画学校を設立し、教員として指導にあたるほか、パリ万国博覧会や内国勧業博覧会等、国内外の博覧会で活躍。望月派に岸派と四条派を折衷した風趣ある写実的な画風を確立した。帝室技芸員。大正2年(1913)歿、80才。

ご覧になった作品