SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 難波田龍起

難波田龍起

入荷案内を希望する

この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

閉じる

なんばた たつおき

(1905–1997)

洋画家。北海道生。早稲田大学へ進学するが中退し、太平洋画会研究所に学ぶ。高村光太郎の紹介により川島理一郎主宰の金曜会に入り、第4回国画展に「木立」が初入選。国画会退会後はフォルム展、アバンギャルド芸術家クラブ、自由美術家協会の創立等に参加。戦後は一貫して抽象表現を追求し、同62年には東京国立近代美術館で回顧展が開催された。毎日芸術賞受賞。著書に『抽象』、詩画集『蒼』等がある。平成9年(1997)歿、92才。

ご覧になった作品