SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 池田遥邨 - 神戸の灯

神戸の灯

池田遥邨

神戸の灯

お気に入り登録する

お気に入りに登録した商品は、マイページでまとめて御覧頂けます。

閉じる

¥850,000

201912-038

カートに入れる

紙本着色 額装
印:[遥]
41 x 53 / 60 x 72 cm

作家

  • 入荷案内を希望する

    この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

    閉じる

    いけだ ようそん

    (1895–1988)

    日本画家。岡山県生。名は昇一。京都絵専卒。初め松原三五郎の天彩画塾で洋画を学ぶが、のち日本画に転向、竹内栖鳳の竹杖会に入門する。冨田渓仙の影響を受けた鳥瞰図法による明るい色彩の風景画で独自の画境を開く。上村松篁らと水明会を、浜田観らと葱青社を結成、また画塾青塔社を主催し後進の育成にあたる。新文展・日展審査員を歴任。日展顧問・芸術院会員。文化功労者。文化勲章受章。昭和63年(1988)歿、93才。

ご覧になった作品