SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 富岡鉄斎 - 雪裏芭蕉図

富岡鉄斎

雪裏芭蕉図

お気に入り登録する

お気に入りに登録した商品は、マイページでまとめて御覧頂けます。

閉じる

¥850,000

201907-016

カートに入れる

紙本水墨 緞子装
140 x 27 / 206.5 x 39 cm
印:[依様]、[耋道人]、[富岡百錬]

作家

  • 入荷案内を希望する

    この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

    閉じる

    とみおか てっさい

    (1836–1924)

    南画家。京都生。名は猷輔のち百錬、別号に鉄人・鉄史等。幼少より国学・漢学・詩学等を学び、また歌人大田垣蓮月の学僕となって多大な人格的影響を受ける。幕末期には、勤王志士らと盛んに交流し、国事に奔走した。維新後は、大和石上神宮・和泉大鳥神社等の宮司となるが、のち辞し隠棲。田能村直入・谷口藹山らと日本南画協会を発足、学者としての姿勢を貫きながら自由な作画活動を展開し、その学識と画技により文人画壇の重鎮となった。帝室技芸員・帝国美術院会員。大正13年(1924)歿、89才。

ご覧になった作品