SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 中林梧竹

中林梧竹

入荷案内を希望する

この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

閉じる

なかばやし ごちく

(1827–1913)

書家。肥前生。名は隆経、字は子達、通称を彦四郎、別号に剣書閣主人・個閑・忘言。鍋島侯に仕え、のち江戸に出て市河米庵・山内香雪に書を学ぶ。清に渡り、潘存に師事し、また漢・魏・六朝碑の拓本を多数もたらした。書は篆隷楷行草の各体にわたり、長鋒柔毫の筆を駆使して規模の大きい闊達な作品を多く残した。著書に『梧竹堂書話』がある。大正2年(1913)歿、87才。

ご覧になった作品