SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 椿椿山

椿椿山

入荷案内を希望する

この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

閉じる

つばき ちんざん

(1801–1854)

江戸後期の文人画家。江戸生。名は弼、字は篤甫、別号に琢華堂・休菴・羅漢等。幕府の槍組同心をつとめ、文武ともに優れた。画は金子金陵・渡辺崋山に師事する。柔軟な筆と温雅な彩色による画調に特質があり、肖像画と花鳥画に優れた。俳諧・煎茶にも通じた。安政元年(1854)歿、54才。

ご覧になった作品