思文閣オンラインショップ連動企画

思文閣銀座
2021/03/20(土)~2021/03/29(月)
思文閣京都
2021/04/03(土)~2021/04/11(日)

「手塚治虫さんの絵と出会ってなければ、僕は絵を描くことを、しなかっただろう。」

黒田征太郎は、幼いころに見た、漫画家・手塚治虫氏の『新宝島』に影響を受け、画家を志します。 手塚氏の数ある作品の中でも、「アトム」というキャラクターに焦点を当てた本作で、黒田は年を取らないはずのアトムに、あえて「18歳」という年齢を与えました。 人類のために戦ってきたアトムが、18歳の青年として人間と共に生きることを決めたとき、どのような表情をみせるのでしょうか。

手塚治虫氏が定めたアトムの誕生日は、2003年4月7日。2021年の今年、アトムはちょうど18回目の誕生日を迎えます。

ぜひ会場にお越しのうえ、アトムの誕生日を祝福してあげてください。

「犬にワンと吠えられるアトムが描きたかった」

黒田はある時、親交のあった作家・野坂昭如氏に「富士山」についてどう思うかと尋ねたところ、意外な答えが返ってきました。「いつもみんなから期待されていて、気の毒だ」と。「日本一の山」として期待され続ける富士山に、同情を寄せる野坂氏の言葉を聞いた黒田は、アトムに対する自分の考えを重ね合わせます。常に強いヒーローとして活躍を求められるアトムは、野坂氏がいうところの「富士山」のように、気の毒で、かわいそうな存在でもあると……。
「強いだけのアトムじゃ面白くない。犬にワンと吠えられるアトムが描きたかった」。
「18歳のアトム」では、アトムがいろいろな表情をみせます。笑った顔、怒った顔、勇ましい顔、悲しい顔、情けない顔……。敵と戦うロボットではなく、18歳の青年として生きると決めたアトムは、わたしたちと同じように複雑なこころを持っているのです。

「自然に還るアトム」

「18歳のアトム」では、太陽や道端の雑草と語り合うアトムや、花や鳥になったアトムが描かれます。原子の力で動くアトムが、自然と調和し、融合してゆくことで、黒田はテクノロジー一辺倒に陥らず、人類が自然と共存・共生する世界の美しさを描いているようです。

昭和の高度経済成長期から平成、令和へと時を重ね、さまざまな問題が顕在化し、自然の猛威に恐怖する現在。苦悩する18歳のアトムの姿が、わたしたちに多くのことを問いかけます。