SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 白隠慧鶴 - 初夢図

白隠慧鶴

初夢図

お気に入り登録する

お気に入りに登録した商品は、マイページでまとめて御覧頂けます。

閉じる

¥2,500,000

202102-001

カートに入れる

紙本水墨 紙装
「初夢や一冨士二鷹三なすび」発句賛
印:[顧鑑咦]、[白隠][慧鶴]
39×55 / 126×59 cm

作家

  • 入荷案内を希望する

    この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

    閉じる

    はくいん えかく

    (1685–1768)

    江戸中期の臨済宗の僧。駿河生。勅謚は初め神機独妙禅師、のち正宗国師。15才で松蔭寺単嶺祖伝に就いて出家、慧鶴と称する。のち美濃の瑞雲寺馬翁宗春、伊予の正宗寺逸禅、越後の英岩寺性徹らの門を歴参。享保3年(1718)妙心寺第一座となる。東嶺円慈・遂翁元盧らを育て、臨済禅の中興を成し遂げ、よく民衆に禅を広めた。明和5年(1768)寂、84才。

ご覧になった作品