SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 今村紫紅 - 古塔暮色

今村紫紅

古塔暮色

お気に入り登録する

お気に入りに登録した商品は、マイページでまとめて御覧頂けます。

閉じる

¥450,000

202010-006

カートに入れる

絹本水墨淡彩 絹装
安田靫彦箱書 二重箱入
印:[伸々居]
97×36 / 187×49 cm

作家

  • 入荷案内を希望する

    この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

    閉じる

    いまむら しこう

    (1880–1916)

    日本画家。神奈川県生。名は寿三郎。松本楓湖に師事し、安田靫彦の紫紅会に入会、以後紅児会と改称し歴史画研究を進める。巽画会・文展に出品、受賞を重ね、岡倉天心の指導も受けた。また俵屋宗達・富岡鉄斎に私淑し、豪放で独創的な画風で多くの名品を生み出す。紅児会解散後は、速水御舟・小茂田青樹らと赤曜会を起こし、日本美術院再興に参加、後進を指導した。大正5年(1916)歿、35才。

ご覧になった作品