SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 与謝蕪村 - 発句

与謝蕪村

発句

お気に入り登録する

お気に入りに登録した商品は、マイページでまとめて御覧頂けます。

閉じる

¥850,000

202001-007

紙本 台貼絹装
打曇入短冊
「西ふけは東にたまる落葉かな」
36.3 x 6 / 159 x 37.5 cm

出品
「某家所蔵品入札」大阪美術倶楽部、1933年

作家

  • 入荷案内を希望する

    この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

    閉じる

    よさ ぶそん

    (1716–1783)

    江戸中期の俳人・画家。摂津生。姓は谷口、のち与謝、俳号を宰鳥・夜半亭等、画号を四明・朝滄・長庚・春星、晩年謝寅と号する。夜半亭宋阿に俳諧を学び、絵は各派・中国画・舶載画譜により画法を修得し独自の画風を固め、池大雅と共に活躍した。天明3年(1783)歿、67才。

ご覧になった作品