SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 竹原嘲風、山口華楊 - 瑞祥図

瑞祥図

竹原嘲風、山口華楊

瑞祥図

お気に入り登録する

お気に入りに登録した商品は、マイページでまとめて御覧頂けます。

閉じる

¥2,500,000

201912-049

カートに入れる

紙本着色金銀泥 二枚折一双
東京美術倶楽部鑑定証添付(華楊)
両者共箱
印:[竹太郎](竹原嘲風)
印:[華](山口華楊)
156 x 168 cm

作家

  • 入荷案内を希望する

    この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

    閉じる

    たけはら ちょうふう

    (1897–1947)

    日本画家。東京生。本名は竹太郎。別号に啁風。初め独学で画を学び、後に蔦谷龍岬・荒木十畝に師事。第12回文展入選以後入選多数。昭和4年(1929)帝展特選、翌年帝展無鑑査。福田豊四郎・吉岡堅二らと美術人社を結成し、季刊「美術人」を刊行した。昭和22年(1947)歿、50才。
  • 入荷案内を希望する

    この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

    閉じる

    やまぐち かよう

    (1900–1984)

    日本画家。京都生。名は米次郎。生家は友禅の染色を業とする。幼年より西村五雲に師事する。京都絵専に学び、卒業と同時に竹内栖鳳の竹杖会の研究会に参加する。京都画壇の伝統である写実の精神をふまえ、近代的主知的な芸術感覚で、花鳥画、とりわけ動物画に秀でる。日展審査員・顧問。芸術院会員。文化功労者。文化勲章受章。昭和59年(1984)歿、84才。

ご覧になった作品