SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 山元春挙 - 寒山遊鹿図

山元春挙

寒山遊鹿図

お気に入り登録する

お気に入りに登録した商品は、マイページでまとめて御覧頂けます。

閉じる

¥250,000

201912-029

カートに入れる

絹本着色 絹装
共箱 二重箱入
印:[一徹居士]
119 x 36.7 / 215 x 50.8 cm

作家

  • 入荷案内を希望する

    この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

    閉じる

    やまもと しゅんきょ

    (1871–1933)

    日本画家。滋賀県生。名は金右衛門、別号に一徹居士。初め野村文挙に学び、のち森寛斎の門人となる。円山派の伝統に通暁し、風景画・山岳画に秀で、竹内栖鳳と共に京都画壇の重鎮として活躍した。早苗会画塾主宰。京都絵専教授。帝国美術院会員・帝室技芸員。昭和8年(1933)歿、63才。

ご覧になった作品