SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 小林古径 - 翠色

小林古径

翠色

お気に入り登録する

お気に入りに登録した商品は、マイページでまとめて御覧頂けます。

閉じる

¥2,500,000

201912-006

カートに入れる

紙本着色 緞子装
東京美術倶楽部鑑定証添付
共箱 二重箱入
印:[古径作]
148 x 48 / 229 x 64 cm

作家

  • 入荷案内を希望する

    この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

    閉じる

    こばやし こけい

    (1883–1957)

    日本画家。新潟県生。名は茂。上京して梶田半古の門に入る。前田青邨・安田靫彦と共に日本美術院の三羽ガラスといわれた。日本画の伝統を踏まえつつ写実と装飾を調和、簡素な表現で洗練された新古典様式を確立した。東美校教授・帝室技芸員・日本美術院同人・芸術院会員。文化功労者。文化勲章受章。昭和32年(1957)歿、74才。

ご覧になった作品