SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 梅原龍三郎 - 「双魚洞書屋」五字横 扁額

梅原龍三郎

「双魚洞書屋」五字横 扁額

お気に入り登録する

お気に入りに登録した商品は、マイページでまとめて御覧頂けます。

閉じる

¥180,000

201907-002

カートに入れる

紙本 扁額装
35 x 95 / 52 x 128 cm
印:[龍]

作家

  • 入荷案内を希望する

    この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

    閉じる

    うめはら りゅうざぶろう

    (1888–1986)

    洋画家。京都生。関西美術院卒。伊藤快彦・浅井忠に師事、渡仏して、パリのアカデミー・ジュリアンに学び、さらにルノワールに師事。帰国後二科会・春陽会の創立会員となり、また国画創作協会洋画部を設立する。琳派や南画の伝統を取り入れ、豊麗な色彩の独自な画境を築き、日本洋画のひとつの形を完成させた。東美校教授。帝国美術院会員・帝国芸術院会員・帝室技芸員。国画会名誉会員。日本芸術院会員。文化勲章受章。昭和61年(1986)歿、97才。

ご覧になった作品