SHIBUNKAKU ONLINE SHOP | 会津八一 - 「游於芸」三字書

会津八一

「游於芸」三字書

お気に入り登録する

お気に入りに登録した商品は、マイページでまとめて御覧頂けます。

閉じる

¥650,000

201902-008

カートに入れる

紙本 布装
松岡譲箱書
34.0 x 46.0 / 115.0 x 48.0 cm
印:[渾斎]

作家

  • 入荷案内を希望する

    この作家の商品が入荷したらメールでお知らせします。

    閉じる

    あいづ やいち

    (1881–1956)

    歌人・書家・美術史家。新潟県生。号は秋艸道人・渾斎等。早大卒。中学時代から俳句・和歌を作る。奈良の古寺を巡遊し仏教美術への造詣を深め、美術学者としての地歩を築く傍ら作歌を本格化、万葉調の平仮名書きによる荘重かつ芳醇な歌風で奈良古寺古仏を詠み、世の評価を得た。歌集に『南京新唱』『鹿鳴集』、歌論・歌話集に『渾斎随筆』等。また書にも独自の境地を開き、書跡集『遊神帖』等がある。文学博士・早大名誉教授。新潟市名誉市民。昭和31年(1956)歿、75才。

ご覧になった作品